アジアのなかの沖縄・ベトナム その4

2009年2月28日その日が遣ってきた。まな板に乗った生豚のようにドタバタして落ち着かず、天命に預ける境地は久々に味わうが如く楽しくもあり難しくもある。 そんな自己問答しながら、開演5分前、客の入りを見渡すと、五分の入りの様だ。

20090311_425272

そこでひと安心したのか時間が気になり出して3分前に開会宣言を始めた。 午後9時までに終了を目指して早めに早めに心がけた。 基調講演は東京から、桜井由躬雄先生「生きている農村社会主義」、古田元夫先生「発展のアジアと戦争のアジア」 そして沖縄から比嘉政夫先生「比較民俗学の視点から」を各自持ち時間30分でお願いしたせいか、皆さん早口でしかもはっきり分る言葉で研究の発表を行う。

20090311_425775 20090311_425777

左:桜井由躬雄、右:古田元夫

20090311_425273

比嘉政夫、講演は、桜井氏が農村農村から見た現代

古田氏はベトナム戦争を世界から見つめ、また発展するベトナムの現在を報告、そのて比嘉氏はアジアを見つめる民族学からアジアのなかのベトナムと沖縄を解く

そのぞれの基調講演が終わり、魔の休憩となる。何故「魔」なのかそれは客数が極端に減ることが予測されるからだ。 10分後後半の討論会が始まる。 客は半数以上が残った。驚きに近い嬉が込みあがる。 司会は比嘉先生に移り、予めは配布した質問書が回収された。 質問も多岐に渡る。 パネリストの質問に対する答えがとても楽しそうなのが嬉しい。

20090311_425274

多くの質問に答えるパネリスト。
和やかな雰囲気で、質疑がなされたのでとても良かったと思う。 討論の最後に比嘉先生が「多方面からアジアを語るのは討論はこれが始まりであり、これは続ける必要があると」 締めくくった。

辛くても遣り甲斐のあるシンポジウムのチャンスを作っていただいた、県立美術館の方に感謝したい。 ありがと、そして多くの参加なさった皆様にありがとう!

アジアのなかの沖縄・ベトナム その一

このシンポジウムの為、いろいろ悩みながら一歩いっぽの手探りで、積み木を重ねるがごとくの日々が幾日も続いた。 特にシンポへの動員をどうするかが、もう1つの課題で告知チラシを増刷してチャンスあらばと、手当たり次第にメデアに出演、FM21に三度、FMトミトンと知人が持つ番組出演した。
効果はリスナーが決めると決め、少しでも多くの人に濃告知できればとの思いが大きいかった。 番組は一時間で、思いの他多く喋れる。 FMトミトンは2時間も頂いたが、新しい局なので、心配!20090303_363698 20090303_363697

マイクに向かうと緊張もするが、2度、3度となると慣れるものだ。特にジュークが飛び出すとスタジオに笑いが出て、話に弾みが付く。 番組ではせっせと「アジアのなかの沖縄・ベトナム」がどんなに意義深いのもかをクドクドと話す会長。 その中で関係が無いように話す私は誰と感じで番組の時間が進み、あっという間に終わる。 お陰で、ムービースターではなくラジオスターになった売れっ子と自負する【嘘】。
それで、メデアの活用は新聞と移る。

とても良い企画だと自負しておったが、テーマが地味であることに気づくと人集めに益々努力をすることになる。 行動した分報われるのを信じて日々会長のお供しながらあちらこちらである。

アオザイショーが新聞に掲載された

20090228_333244

新聞・沖縄タイムスにアオザイファションショーの言が掲載されておりました。
現場で遭遇した女性記者により書かれたものだと思います。
10人十色と言いますが、アオザイのデザインが人それぞれにその工夫がなされており、那須氏の
解説もいよいよ盛り上がり、服飾文化の話はとても為にもなり、楽しい時間でした。
その後、その服装のままで、美術館での開催中の「ベトナム現代絵画展」展示場へ、さぞ絵画の世界が現実の世界とし展示場で花が咲いたことでしょう。

33 / 33« 先頭...1020...2930313233