年別アーカイブ: 2012

vetnam 時事速報 27June 2012

VETONAM 時事速報に、沖縄ベトナム友好協会主催「子どもたちが見た戦争と平和展」のことが、ベトナム時事速報に掲載されました。ホーチミン市沖縄県人会の方からの情報です。
掲載記事が文字が読みづらいと思われるので、書き出します。

ホーチミンで「戦争と平和」展=7月2日から沖縄・ベトナム友好協会
《ハノイ時事》沖縄・ベトナム友好協会は7月2日から16日まで、ホーチミンの戦争証跡博物館で、「子どもたちがみた戦争と平和」展を開催する。沖縄県平和祈念資料館が実施した「児童・生徒の平和メッセージコンクール」の入賞作品から選ばれた絵画や詩11点、ベトナムの子どもたちの絵画40点を展示する。
同友好協会は1991年に発足。ベトナム戦争、B52爆撃機が飛び立った米軍の最前線基地であった。歴史を踏まえ独自の平和活動を続けている。昨年6月にはハノイで同様の「戦争と平和」展を開催し、今年はベトナム戦争を検証する戦争証跡博物館や国際交流基金などの協力で実現した。 友好協会の鎌田会長は「ベトナム戦争と同じ沖縄戦という地上戦を体験した地として、子どもたちの見た真っすぐな表現は感動を与える。その展覧会を戦争証跡博物館で開催することに意義がある」と話している。
「以上が、紅い枠に書かれた内容です。」

zp8497586rq

「子どもたちがみた戦争と平和」展

日本・沖縄とベトナムの平和・文化交流事業

ベトナム戦争当時、米軍B52爆撃機が飛び立った米軍の最前進基地であった沖縄は、ベトナムの人たちから「悪魔の棲む島」と恐れらました。その辛い体験のなかから、沖縄・ベトナム友好協会という市民による国際友好団体が結成されました。
この度の展示会はHCM市戦争証跡博物館のご厚意と、HCM市友好連委員会などの協力により、展示します。
展示される作品は、沖縄県平和祈念資料館が全県から募集した「児童・生徒の平和メッセージ(絵画・詩・作文)コンクール」の入賞作品から選ばれ、学芸員が構成した「今、ぼくにできること」というプロセス企画展の作品と、世界中でもっとも平和を愛するベトナムの子どもたちの描いた、戦争と平和の絵画などをベトナムの多くの市民のために展示するものです。
沖縄の子どもたちが感じたこと、ベトナムの子どもたちが感じたこと、戦争と平和に対する「まっすぐ」な目と表現は、ベトナムの人々の心を打つであろうと考えます。ご家族お揃いでおいで下さい!

主催 沖縄・ベトナム友好協会 協賛 HCM戦争証跡博物館 HCM友好連合委員会

zp8497586rq

フエフェスティバルと企画ツアーの成功

フエフエステバルと企画ツアーの成功

ベトナム中部の古都フエで隔年開催されるフエフエステバルは、ベトナム観光年の2012年4月、世界5大陸24か国30以上の芸術団体から500人、ベトナム国内20余の地域文化芸術団体を合わせて約1,500人を超す演者が織りなす世界規模の一大文化祭典となった。本友好協会は、協会独自の歌舞団と記念ツアーの組織で参加し、成功を収めた。沖縄一流の伝統文化と紹介、そのための一流の芸術家の組織と、ホームステイの経験が、沖縄からの参加者とベトナムの家庭に与えたそれぞれの教訓はこれまでになく貴重であり、沖縄とベトナムのより緊密な友好親善の実を挙げたといえよう。
第一に、沖縄の古典舞踊の師匠たちが流派を超え自費参加して、県内でも実現できない超一流の夢の協演である。舞踊団は、舞踊家7名、三線・筝・太鼓など奏者5名、古武術演舞者1名の13名から構成され、貫花、四つ竹などと古武術を合わせて10の演目を異なった所作の手合せから始まり、それぞれの楽器、小道具、衣装、被り物などを自らの手で運び、満場の観客に琉球伝統の芸術の香りを届けて魅了した。各芸術家の方々の文字通りのボランテイア的な献身的尽力がなければ成功はなかったといえ、深く感謝する次第である。

以下、第1部 歌舞団への呼びかけ・結成から実演当日、旅行全体を組織した、仲村千恵子理事の旅行メモと写真、第2部 ベトナムの一般民家にホームステイしてカルチュアショックを受けたメンバーの手記と写真から、その沖縄からの「文化使節」を果たした、友好親善の使者たちの活躍ぶりを紹介しよう。

第1部 歌舞団の結成と海外公演

(1)過去2回とは違って、友好協会自前の歌舞団を結成するために、仲村理事はまず過去に海外公演でお世話をした琉球舞踊家の一人ひとりに面会して意義を訴え要請した。一度は断念した今回のフエフエステバルへの参加が、この努力によって、歌舞団の結成、記念企画ツアーの実施につながる
(2)仲井眞知事への表敬訪問・記者会見
4月3日昼前、9名の歌舞団員と友好協会役員5名は、仲井眞弘多沖縄県知事を表敬訪問しフエステバル参加を伝え、知事からはその前にフエ省知事からの招待への鄭重な返書が託された。その後県庁第1記者クラブで、沖縄県民への呼びかけがなされた。席上、宮城律子・琉舞無憂華の会師範から「おきなわの伝統芸能や音楽の薫りを届けて喜んでもらい、交流の小さな種が生まれることを望む」旨の発言がなされた。

 

 

 

 

 

 

2.出発から開会式まで
4月6日朝 普通ならお弟子さんが運ぶであろう大きな楽器、衣装、被り物、小道具などを各自携えて、那覇国際空港を出発、台北―ホーチミンを経て目的地フエに到着したのはもう夜も更けていた。

4月7日 入手困難な開会式チケットはフエ沖縄文化交流センターの手で確保され、午後8時、折からの雨も上がり、フエの王宮を背景にした特設舞台で、華麗で民族色豊かな演舞や王宮上空に打ち上げ花火でフエステバルの開会を祝った。

3.現地中学生、大学生らとの文化交流会、表彰式
朝9時から、フエ師範短期大学での交流会には、グエン・チー・フオン中学ら3中学から90名、フエ外国語大学・フエ師範短期大学生ら160名、またフエ各国友好協会連合会会長、フエ越日友好協会会長、校長ら来賓が会場を埋めるなか、沖縄の歌舞団が舞踊や空手演武を披露、また、現地中学、大学生らもそれぞれ演技をし、フエ側、沖縄側からの
友好連帯の挨拶もあり、友好の輪を広がった。

4.その後、市内ホテルでは、各国代表へのフエ省招待の感謝パーテイが開かれ、それぞれに、フエ省からの感謝認定証が授与された。このオールカラーの美しい賞状は、後にカラーコピーされ、公演記念として沖縄歌舞団の全員に授与された。
沖縄代表も舞踊を披露し、カチャーシーには各国代表も加わり、友好の雰囲気が盛り上がった。また、席上、フエ省知事宛ての沖縄県知事からの親書も手交された。

5.フエステバルでの公演当日
4月8日夕刻 フエ王宮内ダイクン門前庭に設置された特設舞台で、沖縄歌舞団総勢13名が、四つ竹や貫花、空手実技など10の演目を披露した。会場客席を埋める約200名の世界中から集まった観客を魅了した。当初はダイクン門内での公演の計画であった。
一流の琉球舞踊の質の高さはいうまでもないが、地方(じかた)を務めた唄三線、筝、太鼓らの活躍も特筆されるべきであり、わずか数名のリズムとハーモニーで琉球文化の世界を創造する技は見事で、地元テレビ局も取材していた。

また、髪結い(ウチーカンプー)の技術をもったメンバーが全部の演目の準備を成し遂げたし、化粧や着付けも自前で仕上げた。このような少ないメンバーでのやり繰りの尽力が華麗な舞台を支えたと言えよう。
しかし、本来なら1人当たり相当の時間がかかるであろう、髪結い、化粧、着付け、早変わりなどの、幕間を地方の演奏で繋いだが、その空白にかなりの観客が席を立った。限られた費用での海外公演ということでやむを得ないところもあったが、素晴らしい演技であっただけに残念であった。

 

8.帰国、解団式、感謝パーテイ
帰国後しばらくして、4月26日、沖縄市のベトナム料理店シンチャオで、歌舞団への友好協会主催の感謝パーテイが開催され、歌舞団のメンバー一人ひとりに友好協会からの感謝状と写真アルバムが授与され、前述フエ省からの美しい認定証が伝達された。

(注)文中一部、鎌田 隆「沖越文化交流に実り」『琉球新報』2012年4月29日号から転載
以下、第二部は次回掲載

総会と懇親会へのいざない

沖縄・ベトナム友好協会

             総会と懇親会へのいざない
沖縄・ベトナム友好協会は昨年20周年の節目をむかえ、記念講演会・記念パーティを開催しました。そしてベトナムからは友好協会連合会会長、駐日ベトナム大使、フェ省越日友好協長・・・などの要人が来沖し、逆に24余名参加の平和ツアーやフエフェスティバル参加企画ツアー等で、ベトナムを訪問しました。
今年も総会の季節を迎え、会員の皆様初め多くの方が集いこの記念すべき一年をふりかえり、また、フエフェスティバルに参加した方々のいきいきした体験談と映像、沖縄の民謡ショー、空手演舞などで、ともにひとときを楽しみましょう。
             ベトナム好きな人 さぁー あつまれー!

日     時 2012年5月25日(金)
場    所 ベトナム料理店 ダオ
                 那覇市牧志市場本通り TEL:098-867-3751
総    会 午後5時~6時30分

懇 親 会 午後6時30分~8時30分
プログラム 1.フエフェスティバル報告
        実行委員長 与儀 善栄の参加発表
        スライドショーで現地の様子を説明
      2.余興
        空手の演舞(民謡とのコラボレーション) 仲村 幸雄 他
        琉球民謡 宮城克年(民謡ショー)
      3.ベトナムホームスティの体験談
        初めてのホームスティ何が飛び出すか見もの、聴きものです。
    例:ベトナム風オッシュレットで、シャワーを浴びた人やベトナムの子どもたちに
    矢切りの渡し」(演歌)を聴かした人など、聞くも涙、語るも涙の珍体験・・・・・。

会   費 懇親会会費:2,000円 会員の方:年会費3,000円を準備して下さい

協会近況報告

協会への国際交流基金の助成決定!

  かねてより国際交流基金に申請中の「市民青少年美術助成プログラム」による助成金が決定し、このほど友好協会に「助成金交付決定通知書」が届きました。
  これは、友好協会が今年7月のベトナムホーチミン市の戦争証跡博物館で、昨年のハノイ市に次いで開催する「おきなわの子どもたちが見た戦争と平和」展への補助であり、金額は230,000円である。友好協会が各種機関からの助成を受けるのは初めてであり、これを契機に7月のベトナムでの展示会開催に弾みがついた。

写真は展示会場
ホーチミン市内


 『経済』誌にベトナム関連論文!

  本協会会長の鎌田隆氏の「ベトナム経済の現状と今後」と題する論文が、全国誌『経済』に掲載された。同誌への論文掲載は3年連続である。
この論文には、すでに東京の一読者から「非常に冷静な分析で、関心や疑問に感じていたことがすべて盛り込まれており、参考になった」との批評が寄せられている。
 同誌は全国1万部以上の読者をもち、新日本出版社が発行する経済理論誌である。なお内容は、ベトナム経済の現状(概観、インフレ率の高進、貿易赤字の推移、財政収支赤字、外的支援要因、経済セクター別企業の現状)ベトナムの当面の課題(TPP交渉参加問題、高い貿易開放度、経済構造の改革、裾野産業の育成、原発建設)今後の政府の対応(マクロ経済の安定化、適度な成長率を、国営企業の改革)、いわゆる社会主義志向問題(国家による経済管理や社会主義への国民の意見、「社会主義志向の市場経済」について)などの構成である。

 

1 / 212