石川文洋さんと行く2015年ベトナム平和ツアー

石川さんと行く2015年ベトナム平和ツアー (ハノイ編)

石川さんと行くベトナム平和ツァー

9月8日(火) 沖縄組

那覇国際空港に8時45分に集合、有料待合室に9時入室。旅行社HISからチケット、保険証を受け取り、空港での手続き等の説明を受け、その後、ベトナムの交流会で歌う歌、「芭蕉布」、「自由ベトナム行進曲」を練習し、記念写真を撮る。

P1060576

那覇国際空港待合室で交流会で歌う「芭蕉布」「自由ベトナム行進曲」の練習

IMG_0009

歌の練習もおわり、いざ出発

いざ出発というとき、何が原因かわからぬまま、大分待たされ、離陸。おかげで台北空港で待ち時間なしで急いでベトナム行きの飛行機に乗る。その間2回機内食をいただく。アオザイ姿の乗務員を見るとベトナムに行くのだと実感する。ハノイ空港に降りると靄がかっていて、沖縄より蒸し暑い感じがした。ホテルに着くあいだ添乗員の説明を受けながら車外の景色に目をやるとベトナム戦争終結40年で道路等のインフラが整備され、建物等も近代化され、すごいと感じた。ハノイ市800万の人口と那覇市を比較したら納得した。しかし、車道を走るバイクの多さにはびっくりである。添乗員の話ではハノイのバイクの数は約500万台あるそうだ。

P1060586

ハノイ空港についてほっと一息、笑顔がこぼれる

ベトナムの現在を語る電線とバイク

BOSS LEGEND HOTELは旧市街地の入り込んだ中にあった。入り口の側で(写真左側)豚の内臓を洗っていたので、安っぽい質素なホテルと思いつつ中に入って部屋に行くと四つ星クラスの雰囲気である。料理も良い食材を使っていて先ほどの先入観とまるっきり違っていて申し分なく思えた。その後のフエ、ホーチミンのホテルも良かった。

IMG_0545

一日目の宿泊地 BOSS LEGEND HOTEL

戦後70年、独立70年を表したイルミネーションが公園内・道路沿いのいたるところにあった。

IMG_2808IMG_2815

公園内の木もおしゃれに剪定。

IMG_2812

ロータリーでの獅子舞。

IMG_2828

福島組、東京組が10時ごろ到着。鎌田、中根、與儀、後藤、仲程で出迎え。

9月9日(水)

朝食終了後、結団式を行う。安田純治団長始め、福島、沖縄、東京組が紹介され、ツアーの目的を達成し団員相互の親睦を深め、40名、無事故で帰れることを確認する。

IMG_0026

結団式

007-IMG_0038

沖縄、福島、東京、神奈川、長野、京都全員集合

これから後は日程に添って主に写真を中心に記していく。

ハノイ旧市街地見学・散策

IMG_0549

肩に担いで行商する婦人

宿泊ホテルが旧市街地にあり、ホテルから外に出ると豚を煮たような臭いが鼻につく。通りは幅員は狭く、そこを大型バスからバイク、乗用車、売り子等が行き来している。

 

IMG_0552

マー・マイ87番の家(19世紀に建てられた伝統家屋を復元した家)

 

IMG_2845

仏壇

旧市街地といろいろなお店がところ狭しと並んでいる。

IMG_2855

旧市街地

IMG_2853IMG_2852IMG_2851IMG_2850

    

旧市街地を抜けてホーチミン廟へ

IMG_0572

ホーチミン廟

9月4日から廟の中は改修工事。残念ながら外からの見学となった。

添乗員の説明を受けている途中に雲行きが怪しくなったので、急いでバスに戻る。時間が早かったが昼食タイム。

IMG_0579

腹の虫は鳴らないがレストランへ

IMG_0581

食べなきゃ損、ハノイビールと昼食に舌鼓を打つ

IMG_2794

ハノイ市内のレストラン 外は雨だが、のんびりランチタイム

 

 

 

 

民俗学博物館見学

 

IMG_0583

ベトナムには54民族が生活している

IMG_2883

IMG_2880

011-IMG_0081

友好会館

各国友好協会会長・越日友好協会副会長を表敬訪問し、意見交換をする。

その中で、各国友好協会会長はベトナム政府として原子力発電所を建設すると表明する。

IMG_0593

正面はVu Xuan Hong各国友好協会会長と安田純治団長

IMG_0604

原子力発電所の建設について質問する堀江泰幹さん

 

「ベトナムの蓮」弦楽四重奏団と福島琴古流尺八竹盟社・橘 梁盟コンサート

045-P1070080

あいさつする本名 徹二 首席指揮者

ベトナム交響楽団首席指揮者 本名徹二さん率いる「ベトナムの蓮」弦楽四重奏団と福島琴古流尺八竹盟社師範 橘 梁盟 コンサートが、BOSS LEGEND HOTELで開催。

沖縄民謡「芭蕉布」福島民謡「会津磐梯山」を披露、橘梁盟さんが「鹿の遠音」,

後藤勝彦さん作詞の「紅蓮の炎の袈裟を身につけたあなた」を演奏。

本名 徹二コンサート

IMG_0606

「ベトナムの蓮」弦楽四重奏団と橘梁盟、福島琴古流尺八竹盟社師範

IMG_0608

後藤勝彦さんの「紅蓮の炎の袈裟を身につけたあなた」を尺八で演奏する橘梁盟さんと詩を朗読する西原とも子さん

紅蓮の炎の袈裟を身につけたあなた      後藤 勝彦 作詞      橘  梁盟 作曲

雨期はもう終わっていた

なにもかも乾燥させてしまう

サバナ気候の特色ある太陽が

サイゴンの路上のアスファルトを

溶かして輝いていた

こんなに明るい日だというのに

よどんだ空気がその街にはずっとまえから

重くただよっていた。

 

一瞬あなたの体は

火と炎をあらんかぎりの力でふきだした

本堂での勤めの時と

合掌している姿は同じであった

その炎はなんのためらいもなく

出家した時から鍛えたその体を

なめつくした。

 

紅蓮の炎の袈裟を身につけたあなた

あなたの目はじっと一点を見つめて動かなかった

誰が人間の生きる自由を奪うことができるのだろうか。

 

うっすらとその目は輝いてさえいた

あなたの炎は街や村の人々に

その悲しみをつげまわっていた

その炎は人々の行く手をてらしたのだ

ふるさとの黒土をわがものがおに歩きまわっている

星条旗の下の軍靴と

その畜生ども

まもなく

あなたのもえあがる炎が

根こそぎ焼き尽くすに違いない。

後藤・ベトナム語

082-IMG_0253

懇親会でベトナムへの熱き思いを語る石川文洋さんと通訳のLe Thi Binhさん(Dowacen日本語学校初代校長)

9月10日(木)

ホテルで朝食を済ませドンアイン村へ出発。

IMG_3111

朝食バイキングの一部

ドンアイン村農村調査・交流

ドンアインの人民委員会委員長、書記、農民の方から歓迎を受け交流する。

088-P1070173

福島の堀江泰基さんがお米の出来るまでの作業日程を説明する。

 

IMG_0625

米の出来る日程表堀江1ベトナム語米の日程2堀江2歌堀江3ベトナム語

 

斉藤房子さんは斉藤牧場の経営内容、循環型農業を報告する。

P1070229

房子1日本語房子1房子2

鎌田隆、沖縄・ベトナム友好協会会長は「農民との交流・交換」を報告

IMG_0634

鎌田・1鎌田2鎌田3

ドンアインの農家からも報告があった。

IMG_0630

ドンアイン人民委員会委員長を先頭に農場へ

IMG_0636

その後、会場に隣接する農家の畑を視察。

農作物が直射日光を避けるため白いビニールを掛けその上に泥水を掛け、刷毛みたいな物でビニール全体に泥を塗り、直射日光を遮る作業をしていた。

CIMG0654

ビニールに泥水を掛け、刷毛で直射日光を遮る作業をしている農家の人々

車外から見る畑には葉野菜、なす、トウモロコシ、バナナ、果樹、亜熱帯植物が畑いっぱい植えられていた。四季を通して野菜が豊富なベトナム。感激だった。昼食を取り、ハノイ空港に移動、フエに。

石川文洋さんと行く2015年ベトナム平和ツアー

石川文洋さんと行くベトナム平和ツァー(フエ編)

ベトナム中部の都市フエ

1802年グエン朝初代皇帝グエン・フック・アインがフエをベトナムの首都として定めてから、1945年にグエン朝が滅びるまでの150年間、都として栄えた場所です。

フエ王宮見学

IMG_0641

午門。「午門」と呼ばれるのは、正午になるとこの建物の真上に太陽が昇ることに由来。

IMG_2929

        午門の後方にフラッグタワーの旗が見える。

 

 

 

IMG_0648

太和殿。中国の紫禁城を模した建物。大広間の中央には帝が座る金箔の椅子と台座が置かれている。

王宮からはなれにある皇帝劇場・閲是堂に行く。

当時、皇帝の前で宮廷舞踊が行われた場所。クーラーが効いていてゆっくり鑑賞できた。

IMG_2934

        皇帝のため宮廷舞踊が行われていた劇場

 

IMG_2936

 

IMG_0655

 

グエン王朝宮廷音楽を鑑賞後、HUONG GIANG HOTELにチェックイン、フエ市の高校生との交流会に望む。

十数名の高校生が日本の歌「世界でひとつだけの花」(SMAP)を日本語で歌い歓迎してくれた。私たちも芭蕉布、会津磐梯山、自由ベトナム行進曲を披露した。

IMG_0666

        「世界で一つだけの花」を歌う地元の高校生

 

231-IMG_0052

    全員で芭蕉布、会津磐梯山、自由ベトナム行進曲を歌う

石川文洋さんが高校生向けに講話をしてくれた。

247-IMG_0083

     石川文洋さん、明日のベトナムを担う高校生に予定外の講話。

248-P1070608

           石川文洋さんの講話を熱心に聞く高校生の皆さん

 

 

 

最後は全員でカチャシーを踊って散会する。お疲れ様でした。

294-IMG_0220

       一人だけ列から離れて、気持ちよく踊る國吉さん

石川文洋さんと行く2015年ベトナム平和ツアー

石川文洋さんと行く2015年ベトナム平和ツアー(ホーチミン編)

9月11日(金) フーバイ空港からホーチミン空港に 、ホーチミン空港からレストランに移動、昼食を取り、クチトンネルへ。

昼食 鳥の頭

昼食のメニュウのひとつ   右上鳥の頭の唐揚げ

昼食おかゆ

おかゆ

 

クチの地下トンネル見学

クチトンネル地図

クチ地下トンネル入り口の案内図

IMG_2972

地下トンネルの模型

クチ地下トンネルはホーチミン市を中心としてベトナム戦争中に南ベトナム解放民族戦線によってゲリラ戦の根拠地として造られた。

IMG_2973

この道具を作って土を掘り出した

IMG_0685

竹槍のある落とし穴

IMG_2982

食糧難の時のタロ芋を試食

IMG_0678IMG_0680

IMG_0681IMG_0684

 

 

              

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬の門札

移動中のバスの窓から・・・沖縄ではシーサーが門柱の上に座っているが、ベトナムは犬が・・・・・・

孤児院

キリスト教関係の孤児院の子供たち

 

サイゴン川ナイトクルージングへ。

夜のサイゴン川を周回しながら、ディナーショーでベトナムの踊りを観賞後、OSCAR HOTELへチェックイン。お疲れ様でした。

IMG_0691

クルージング船

314-P1070837

船内ではベトナムの踊りと料理でゆっくりくつろぐ

クルージング料理クルージング料理やきめし

 

9月12日(土)

統一会堂(旧大統領官邸)見学

IMG_0692

大統領☎

右端にホットライン専用の電話が設置されている

大統領ヘリ

屋上には専用ヘリコブター

 

ツーズー病院平和村を訪問

ベトナム戦争でアメリカ軍と南ベトナム軍は1961年から1975年まで休みなくダイオキシンを含む枯葉剤を散布してきました。約8千万キロリットルを散布し枯葉剤障害児が生まれました。現在もその被害は4世代まで続いています。アメリカは保証もしません。私たちはアメリカに保証を求めていく運動を強化しなければいけないと思う。

ツーズー病院表

ツーズー病院の正面玄関

tuzu- no孤児tu-zu- 孤児

IMG_0696

この水頭症の子(19歳)の頭は生まれたときは小さかったが徐々に大きくなった。自分で動くことも食事をすることもできないので、おかゆをもっと細かくしたものを鼻から入れている。

IMG_0717

一人一人が生きたかった命なのに・・・・・・・・

 

安田団長からDr Nguyen Dac Minh Chau(ミンチョウ院長先生)に義援金を手交しました。

IMG_0724

 

戦争証跡博物館見学

戦争証跡博物館はホーチミン市にあり、ベトナム戦争を綴る博物館である。戦場カメラマンの石川文洋さんや日本人カメラマンも多く紹介されており、画家のいわさきちひろさんの作品も児童向けのコーナーに展示されている。

博物館

戦争証跡博物館

IMG_3087

館内の展示作品

石川文洋さんがホーチミン市人民委員会から友好交流賞のメダルを授与され、思わぬ出来事に石川文洋さん、照れながら感謝感激。

写真は感謝状とメダルを授与するヴァン戦争証跡博物館館長。

IMG_0734

石川文洋さんとヴァン戦争証跡博物館館長

石川さん

看板5

戦争証跡博物館からホテルに移動中の街の中の掲示物

 

ホーを若者

屋台でフォーを食べている若者たち

 

ホーチミン市民との交流会

350-IMG_0189

   挨拶するホーチミン市越日友好協会会長グェン・コン・タイン先生

石川文洋さんの講話

369-IMG_0245

ベトナム・沖縄・福島を語る石川文洋さん

石川2石川1

石川さん講話1石川さん講話2

石川講話最後

 

鍋

ベトナムの鍋料理

 

IMG_0743

山本一夫さんと野原秀俊さんが「艦砲ぬ喰えーぬくさー」を披露しました。

IMG_0746

ホーチミン市民の皆さんと沖縄・ベトナム友好会会長の鎌田さんの合唱。

IMG_0749

「命どぅ宝」宣言を沖縄組女性陣が日本語で現地ガイドのフィンさん(一番手前)がベトナム語で朗読しました。

 

第二次世界大戦後、日本の国土の0.6%の沖縄県に73.8%の米軍基地が集中しています。それにより米軍の犯罪等で沖縄県民の人権が踏みにじられています。アメリカの高官が「世界一危険な普天間基地」と言いました。

安倍政権は世界一危険な普天間基地を辺野古が唯一の解決策として民意に耳をかさず、新基地建設に着手しています。それに対し、沖縄県民は辺野古に新基地は造らせないと公約した翁長新知事を誕生させました。

沖縄県では6月23日を「慰霊の日」と制定し、沖縄全戦没者追悼式を開催しています。2013年の「平和メッセージ」は6歳の小学校1年生が「へいわってすてきだね」という詩を朗読しました。今年は高校生が「みるく世がやゆら」・・・「今、平和でしょうか」と詩を朗読し県民の共感を呼びました。

みなさん、安倍自公政権は世界一危険な普天間基地を撤去するため沖縄県内の辺野古が唯一の解決策といって、県民、国民の民意に耳をかさず、新基地建設(基地機能を強化した後方支援施設)に着手しています。8月9日から1ヶ月間、作業を中断し、集中協議を行うという国民向けのアリバイづくりをしました。翁長知事は沖縄のアイデンティティを真摯に説明しましたが、聞く耳を持たず交渉は決裂しました。翁長知事曰く「のれんに腕押し」と。

みなさん、安倍自公政権は普天間に住む人々の命を、辺野古に住む人々の命をなんと考えているのでしょうか。

安倍独裁者の目には一人一人の命の重さなど頭の中にはありません。あるのは世界の憲兵・アメリカと集団的自衛権で一緒に世界を制覇することです。

安倍自公政権は今国会で戦争法案を成立させようと意気込んでいます。

みなさん、ベトナムは今年4月30日で戦争終結40周年を迎えました。アメリカとの戦争に勝利し、基地を全部追い払いました。なんで日本はできないのでしょうか。

みなさん、ここベトナム「ホーチミン市民交流会」で人間一人一人の命が尊ばれるように「命どぅ宝」を宣言します。

命どぅ宝命どぅ宝ベトナム語

石川文洋さんと行く2015年ベトナム平和ツァー、沖縄、福島、東京、神奈川、長野、京都から総勢40名の参加者でしたが、無事、日程を消化し全員が健康で帰郷出来る事に実行委員会一同、感謝申し上げます。ありがとうございました。

交流会 桂一郎

9月24日付け、沖縄タイムスの新聞記事を紹介します。

石川さん新聞記事

石川文洋さんと行く2015年ベトナム平和ツァー・9月8日(火)~9月13日(日)ハノイ編、フエ編、ホーチミン編の三部作、実行委員の仲程が担当しました。

ご訪問に感謝いたします。

 

Giang Duong ベトナム中部・フエ駐在

Cứ mỗi dịp cuối tuần là cái sở thích ưng nấu nướng món hay hay lại nổi lên. Hôm nay iem cho ra lò món thịt chà bông à mà k, nói cho chính xác là thịt xay bông… món thứ 2 là “đì zợt” chè hạt sen long nhãn… Iem mời cả nhà thưởng thức nè..

毎週末は、適応調理や食器や再浮上しています。 K、正確に言う綿…第二の皿をミンチ綿スクラブà焼きの肉のための今日のIEMは、IEMは、NEを楽しむために家族全員を招待…竜眼蓮の実」ZOTを行く」さ.. Google翻訳より

11846759_1122585687756322_3202718278615695117_n 11892188_1122585707756320_4988329729658787201_n