ベトナム進出20周年祝う

沖縄・ベトナム友好協会
会員の稲嶺盛福氏のベトナム企業の20周年記念の記事が沖縄タイムスに掲載されました。これまで作られたガラスはカットグラスや装粧品は作られていましたが、吹きガラスの製品は無かったのでは。
長年、沖縄からガラス職人を呼び寄せ、ベトナム人に技術を教え現在189名の社員を育ててきた。
20周年、おめでとうございます。

ベトナム進出20年祝う

沖縄・ベトナム「子どもたちがみた戦争と平和

ベトナム・ホーティミン市の「戦争証跡博物」にて、四年前も「沖縄・ベトナム子どもの見た戦争と平和展」を行いました。同展覧会を沖縄でもとの願いが、昨年度ベトナムは「ベトナム戦争」終決40周年を迎えた折に、沖縄でベトナムと沖縄の子どもたちの展覧会を開きたいとのメールをいただきました。一度はお断りをしましたが、沖縄県立博物館・美術館の協力を頂きまして、この度展覧会を開く事になりました。
展覧会では、開催前日より、シンポジウム、ベトナム人監督による映画も上映されます。
12月18日(日曜日)博物館講座室
13:00「トウイーの日記」から映画「ドウンドット」ベトナム映画
14:45 「ベトナム戦争時の日本の反戦運動と沖縄」対談
石川 文洋(報道写真家)Huynh Ngoc Van(ベトナム戦争証跡博物館館長)
Nguyen Ngoc Dung(HCM人文社会大学歴史学部長)
12月20日〜25日 県民アートギャラリー1、2、3
沖縄・ベトアンム「子どもたちが見た戦争と平和」絵画展
詳しくはチラシを参照

沖縄・ベトナム絵画展 1 沖縄・ベトナム絵画展 14938304_1213859008682035_8009824765612257654_n IMG_0089

ベトナムの風に吹かれて(映画)

沖縄県女性の翼の会は、今年9月初旬頃に、ベトナム視察旅行の企画があると聞く。
そのプレイベントでしょうか、ベトナム関連の映画を開催すると聞く。
その映画のチラシから、ご紹介しますと。

雪降りしきる越後から、熱気あふれるベトアンムへ人生の冒険はつづく(内容が良いですね)チラシをご覧ください。

ベトナムの風に吹かれて

ベトナムに贈る詩

第26回沖縄・ベトナム友好協会 総会後
懇親会の席にて、理事の後藤勝彦氏から自作の詩の贈呈が行われた。image

ベトナムに贈る詩

ベトナムに贈る詩 2 この詩は、後藤氏が初めてベトナムホーチミン氏を訪ねた時に読んだ詩です。昨年「ベトナム平和ツアー」の際、尺八作家の橋三郎しが曲を付け、ベトナム国立交響楽団が演奏をした。

 

 

 

 

 

ベトナムに贈る詩 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐日ベトナム大使 来沖

グエン・クオック・クオン夫妻 imageimage image7月17日(日)午後 那覇空港着
大使・大使夫人・通訳・参事官VS.鎌田・與儀・與儀夫人・高嶺
かりゆしアーバンリゾートホテルへ送るが、直後、豊見城のビーチ
サイドホテルを希望で引っ越し

18日(祝)大使・通訳・参事官・與儀 ゴルフへ
夫人・鎌田・高嶺・高嶺娘・孫 は南部観光(鎌田カー、高嶺娘カー)
姫百合の塔、同資料館、高嶺久氏の実姉も祀られている。資料館を丹念
に見学、夫人は、資料館でいたく感動したため、入り口付近で花束を
買って、再度姫百合の塔祭壇に献花・黙とうした平和の礎見学、大雨に
み舞われる。のち首里城へ、夫人は熱心に見学、結局昼食は、首里城
龍たん池付で沖縄そばのみ、美味しかったとのこと、
6:00  とまりん8階、協会主催晩さん会(国際通り商店会会長、平良朝敬、富川盛武、琉球ガラス、食肉関係、友好協会側、鎌田。與儀、高嶺久、高嶺(県芸大教授、仲村、沖縄ハム)

19日(火)県知事表敬訪問 (ベトナム側4名、友好協会―鎌田・與儀・高嶺) ベトナム側から沖縄への注目・期待を表明、フエセンを県の管理へ、など両者とも経済的交流への意見多し―琉球新報、沖縄タイムス記事参照、26日の福岡総領事来沖ともに沖縄との経済交流への期待を示した
6:30 友好協会定期総会・懇親会、盛り上がった友好の雰囲気に感動したようであった。
20日(水)県食肉センター見学、琉球ガラス見学(協会側、鎌田・與儀)
夕方帰京

image

image